湘#48 れび@湘南サポBLOG Ver.2

スポーツナビ+(ブログ)サービス終了に伴い、引っ越してきました。湘南ベルマーレを応援していきます。

【W杯GS・第2節_vsコスタリカ(アフメド)】 『反転』×0-1

イヤな予感はしてたんだ。ドイツに勝ったことで、どうにもグループステージ突破確実だぜイエーイみたいな空気が蔓延してるのが、どうにも気持ち悪かった。もちろん現地の選手スタッフは、そんなことは無かったんだろうけども。

大きな自信を得たことと、相手がいるスポーツの結果は別問題というだけのこと。コスタリカは後が無くなっていたんだから、こちらから綻びを見せずに、スコアレスのままペースを握った状態をキープできていればよかったのに…ううむ。

スタメン

総評:☆☆☆☆

【公式】日本vsコスタリカの試合結果・データ(ワールドカップ:2022年11月27日):Jリーグ.jp

日本代表がワールドカップに出場するようになってからというもの、必ずリアルタイムで観戦してきたんだが、この日は『とある用事』で出かけておりましてね。

試合は何とか出先でスマホからちょっとだけ観れたのみで、月曜にやっとフルで観た次第。そんなわけで試合後のコメントやら記事やら、ほとんど追えてないです。

どうにも決めきれない試合になったが、最後まで湘南のエースの出番は無し。『それでも町野なら…町野ならきっと何とかしてくれる…!』と心から信じているのは、どうもベルサポだけらしい。評価を覆す機会をくれ。

試合としては…うーん。シュート本数14対4。好機もそこそこあって、あとはゴールだけだったんだが。仮にドローで終わっても、残念ではあるけど…まぁヨシってなもんだったらしいね。もちろん勝ててりゃサイコーだったけど。

失点の場面なぁ…。ちょっとワールドカップの舞台では観たくなかった『安い失点』になってしまったな。もったいないというか…残念。

1:相手がDF裏に浮き球を蹴り込む。そこに対応したのは伊藤洋輝、ヘッドで目の前の吉田麻也にヘッドで落とす。

2:吉田麻也、打点の高いところからのヘッドで浮き球になったパスを、横目で見えていたであろうゴール正面のスペースにダイレクトにポイッと蹴り出す。

3:スペースに弾むボールを追う守田英正、その先で待つ相手選手より先にボールを回収するべく滑り込むが、逆に相手へのトラップのようになってしまう。

4:そこから小刻みにパスをつながれて、浮き玉のシュート。GK権田修一、指先で何とか触るも弾き出せず、失点を喫する。

まずは伊藤洋輝。ここで大きくクリアできるわけでもないし、あえて言うならサイドに出して逃げることもできたかもしれないが、拾われてピンチが続く可能性もあった。シンプルに目の前の味方に託すプレーは問題ないだろう。

で、マヤちん。経験豊富な守備の要が何故、空いてる(ように見えた)スペースに無造作に蹴り出すようなプレーを選択してしまったのか。そのスペースもゴール正面なのだから、確実につなげられないなら避けるべきだったろう。

相手選手も近かったし、浮き玉のトラップが不安なら、即座に大きく蹴り出せばいい。他の選手に当たってスクランブルになるのが怖かったなら、目の前の三笘に託して外に持ち出してもらってもよかっただろうに…。うーん。

守田は突然追いにくい背後からのボールを出されて、大きく蹴り出すことは難しかったかもしれない。権田は触ったからには弾いてほしかったが、どうしてもゴールが欲しい状況でタイミングを外すことを選択した相手が上だった。

こういう戦犯探しは不毛ではあるが、伊藤洋:マヤ:守田:権田=0:8:1:1 くらいの責任分担になるだろうか。ピッチ内からしかわからない状況もあったのかもしれないが、マヤちんのプレーはちょっと信じられなさすぎた。

日本も必死なら、コスタリカも必死。鍔迫り合って、上回られて負けたのなら仕方がない。こういうのは湘南で山ほど見てきてるので(自傷行為)、ワールドカップ本番でこの失点のみで負けるのは…ちょっと受け入れがたい。

どんなに成長しようとも、世界の"大人"の仲間入りが許されたのだとしても、自分たちが"大人のサッカー大国"になりたいのであれば、簡単にミスから失点してたらイカンのだ。たとえサッカーがミスがつきもののスポーツだとしても。

【コラム】日本代表とコスタリカ…勝負を分けたのはミスではなく“W杯のチャレンジャー”の姿勢 | Goal.com 日本

【W杯】なぜ伊藤洋輝は"バックパスマシン"に? 消極的プレーを生んだ"引き分けOK"の認識 | フットボールゾーン

【公式のハイライト動画待ち】

次の試合は

今週金曜の早朝4時に、スペイン戦ですよ。スペインさんがドイツをボコってくれてたら良かったんだが、ドイツに終盤追いつかれてのドロー。おかげで4チーム全てにGS突破の可能性が残ってしまった。

日本が決勝トーナメントに進むには【詳しく】サッカーワールドカップ | NHK | サッカーW杯 カタール大会

我らがサムライブルーは、なにもかもが反転してしまった。ドイツ戦勝利からの無駄な高揚感も、そこから数日でアホほど高まった期待感も、あっという間に組み合わせが決まった当時まで押し戻された。

さぁ困ったぞ。スペインに勝たなければ、文句なしの自力突破ができなくなってしまった。何このミッション・インポッシブル。ドイツスペインどちらかならまだしも、連勝できるチームがこの世にいくつあるというのか。

せめて、悔いを残さない戦いをしてほしい。コスタリカ戦のターンオーバーも、スペイン戦を睨んでのことのはずだ。選手も、監督スタッフも、少ない日程ではあるが、やり残したことが無いように。

…歌詞を噛み締めながら、『勝利の笑みを 君と』を聴きたい。聴いてほしい。

【W杯GS・第1節_vsドイツ(ハリファ)】 『元服の儀』◎2-1

1960年に日本に招聘され『日本サッカーの父』と呼ばれることになるデットマール・クラマー氏は、ドイツ人だった。それから数十年と年月が過ぎても、ドイツのサッカーは常に日本の手本であり続けた。

そして2022年。半世紀以上の時間をかけて、ついに『父』の背中に追いついた。横に並んだわけでも、追い抜いたわけでもない。何なら今回の結果は、数十回に一回の奇跡に近い結果だったのかもしれない。

しかし『父』がわずかにでも遅れた時には、スルッと追い越せるだけの位置まで来られたことは、結果で証明できたハズだ。1998年のフランスではヨチヨチ歩きだった日本のサッカーは、カタールの地でついに『元服』を迎えたのだ。

デットマール・クラマー - Wikipedia

【W杯】日本の「師」ドイツに大きな「恩返し」冬の時代率いた二宮寛監督の大胆強化策から45年 - カタール2022 : 日刊スポーツ

スタメン

試合

細かいとこはいくらでも専門誌がやってくれるから、さらっと。良い入りができた印象はあった。前田がオフサイドとはなったがゴールネットを揺らし、守備も前からのプレスが機能していた。

10分過ぎくらいからかな、ドイツが徐々にギアを上げ始める。日本はラインを上げられず、ボールを奪ってもカウンターにも行けず、後手に回る展開が続く。そして、大きく揺さぶられ続けたツケを、GK権田が払わされることになる。

そして30分過ぎ。日本守備陣の右サイドの裏をドフリーで走り込むドイツ選手にクロスが通ってしまい、権田との1対1。刹那の逡巡のあと足から飛び込み、体制を崩した状態で相手を押し倒してしまう権田。PK、からの失点。

前半ほぼずっと防戦一方だった日本は、後半から3バックにシステムを変更して流れを掴む。権田の好セーブでスタジアムの雰囲気をも引き寄せ、選手交代を交えてゴールに迫る。そしてついに、耐えに耐えた先に、光が差す。

まずは75分、左サイドから仕掛ける三笘→南野のクロス→GKノイアー弾いたところを堂安が押し込み同点。83分には自陣のFKから背後に一本通したロングボールに抜け出した浅野が、ドイツのDFを背負いながらノイアーの頭上をブチ抜いた。

長い長い7分というアディショナルタイムも、気がつけば迫力が無くなっていたドイツの攻撃を何とか跳ね返し続け、タイムアップ。天井突破の歓喜が爆発した。

総評:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【公式】ドイツvs日本の試合結果・データ(ワールドカップ:2022年11月23日):Jリーグ.jp

2022年カタールW杯、日本対ドイツのレビュー - pal-9999のサッカーレポート

勝利をもちろん信じていたさ。それでも同点になったところで、少しホッとしてしまった自分もいたよ。そして終わってみれば、やはり矛盾しているようだけど、我に返ればやっぱり信じられない結果と思ってしまうねえ。

だって"あの"ドイツ相手に、先制を許してからの逆転勝利だもんよ。とんでもないことだよ。サウジがアルゼンチン相手に勝利して流れを作ってくれていたとはいえ、同じように上手くいくなんて思わないじゃんw。

この試合に賭けてきたとはいえ、どこまで深く戦況を予見して準備をしてきたら、ここまで神がかり的に全てが好転する展開に持ち込めるんだろう。大したモノだ。

森保監督が語るドイツ戦金星の要因 3バックは「練習の中ではやってません」 散水の水直撃には苦笑い― Sponichi Annex

とはいえ、前半の右往左往っぷりはかなり危なかった。前半のうちに2点目を取られていたら、ここまでの展開は難しかったかもしれない。あのPK献上の場面は…もったいなかったなぁ。ちょっと判断遅かったかなぁ。

個人的なMVPは、ワタル、遠藤航。贔屓目抜きにしてもとんでもなく頼もしかった。4年前は出場機会無しで終わった雪辱を果たす、見事なプレーを見せてくれたぜ。2年連続ブンデスリーガのデュエル王は伊達ではなかった。

豪快に爽快にトルクフルに、スタートダッシュは決めてやった! どうだ世界!! ドイツを撃破したことで、もうどの相手も今の日本を格下とナメてくれることは無いだろう。まだ何も手にしてはいない。戦いは、これからだ。

【公式のハイライト動画待ち】

次の試合は

早くも(試合間隔短いよなぁ…)日曜日に、コスタリカ戦ですよ。そのコスタリカ、スペイン相手に0-7という大惨敗を喫して、得失点差の争いになったら明らかに分が悪くなった。

日本は現状の戦力ではこれ以上は望めないほどの勝利を手にした。コスタリカ戦に勝って、スペインがドイツを破れば、決勝トーナメント進出できる。

とはいえ富安と酒井が太腿違和感で練習欠席したりしてるし、試合に出た選手がどこまでコンディションを戻せるのか。コスタリカ戦に全力を注ぎ込むのか、それとも大幅に選手を入れ替えてターンオーバーしていくのか。

あくまで個人的な要望だが、そろそろ町野にワールドカップのピッチの空気を体感してもらいたいんだが…どうですかねポイチさん?

※リンク集

 

スペイン記者「日本強いね」コスタリカ記者「前半は死んだふりだったの?」各国W杯取材班が驚きの声 : スポーツ報知

森保一監督、采配的中!後半3バック変更で一変…堂安律&浅野拓磨のゴール呼び込んだ : スポーツ報知

「森保采配と絶妙シンクロ」と絶賛の本田圭佑の解説…トレンド入りの裏にある最先端戦術の知識と現役への嫉妬 : スポーツ報知

森保一監督 采配の流儀 ロシアでメンバー外の浅野拓磨 悔しさ知るから勝負所で起用…担当記者が読み解く : スポーツ報知

西野朗氏特別評論「ポイチ(森保一監督)が、私が分からなかった答えを出してくれた」悲劇から4年後の奇跡 : スポーツ報知

浅野拓磨「4年前からあの日あぁしとけば…とういう日は一日もない」落選にも腐らず牙を研ぎ続けた : スポーツ報知

海外メディアはドイツに歴史的勝利の森保采配を絶賛…「中盤プレッシングでドイツ混乱」「称賛に値する論理的な采配」 – 「RONSPO」

なぜドーハの歓喜が生まれたか…背景にあった浅野の「無視した」覚悟と堂安「ふざけるな!」の怒り – 「RONSPO」

初の8強向け「歴史的な日」 日本コールこだま、涙する人も―W杯サッカー:時事ドットコム

堂安律「ナメられていた時期を今でも思い出す」、浅野拓磨「サッカーを辞めるまで…」W杯ドイツ戦逆転勝利、立役者の“反骨心” - Number Web

「あ、これはくるな」浅野拓磨が板倉滉を信じて走った瞬間…失意のW杯から4年、ドイツ代表GKノイアーをぶち抜く逆転ゴールを決めるまで - Number Web

「えっ!アサノってアーセナルにいたあのアサノ?」日本代表“歴史的番狂わせ”に英国メディアも驚いた…超辛口解説者が絶賛「モリヤスは素晴らしい」 - Number Web

【2022年サッカーW杯】 日本代表、トップ選手は欧州で才能磨く Jリーグも進化 - BBCニュース

【2022年サッカーW杯】 「歴史的勝利」の日本、ドイツを苦しい立場に - BBCニュース

サッカーワールドカップ 歓喜の日本と落胆のドイツ 国内外の反応は | NHK | サッカーW杯 カタール大会

ワールドカップ 日本 歴史的勝利 西野前監督 どう見た【QAで詳しく】 | NHK | サッカーW杯 カタール大会

【コラム】ドイツに逆転勝利を収めた森保ジャパン。『日本サッカーが積み上げてきたモノ』の成果が出た90分-LEGENDS STADIUM

【ドイツ撃破】「この試合にかけていた」遠藤航が証明したかったもの | SYNCHRONOUS シンクロナス

【W杯】日本逆転大金星! 堂安律と浅野拓磨の2発で、辛抱と一丸の戦いの末にドイツを下す! - サッカーマガジンWEB

勝負所の原点回帰がドイツ戦の逆転勝利を導く。森保監督が懐に忍ばせていた3-4-2-1【レビュー】 - サッカーマガジンWEB

【W杯】「この試合にかけていた」遠藤航の威風堂々。「システムを変えても臨機応変にできるのは僕たちの良さ」 - サッカーマガジンWEB

【W杯】3つの役割を全うした伊東純也「次の試合は自分が試合を決めてやろうという気持ち」 - サッカーマガジンWEB

歴史的勝利の裏側にあった4年間の積み重ね。ドイツ戦後の落ち着きに見えた日本サッカーの進化【W杯】 | サッカーダイジェストWeb

【采配検証】森保監督は1度も見せたことのない勝負師の一面を披瀝。データにない選手配置にドイツの混乱は明らかだった【W杯】 | サッカーダイジェストWeb

森保ジャパンがベールを完全に脱いだ。前半の我慢が、後半のサプライズ付き一気呵成につながった【W杯】 | サッカーダイジェストWeb

「たった一手でドイツを苦しめた」劇的勝利を呼び込んだ森保監督の采配を海外激賞!「11人中6人がアタッカー、大胆すぎる」 | サッカーダイジェストWeb

【橋本英郎】逆転劇への転機はVARで取り消された2失点目! 日本はリスクを冒し、ドイツはリスペクトを欠如させた【W杯】 | サッカーダイジェストWeb

金田喜稔がドイツ戦を斬る!「森保監督の“大胆すぎる”采配。4人以外全員がアタッカー、思わず笑っちゃったよ」【W杯】 | サッカーダイジェストWeb

【W杯】ドイツ代表GKノイアーが脱帽「日本は本気で…」 森保ジャパンとの差を指摘 | フットボールゾーン

【W杯】元独代表ケディラが憤怒「遠藤はやりたい放題だった」 日本に衝撃敗戦で不満露わ「くそっ!」 | フットボールゾーン

【W杯】日本のドイツ撃破、スペイン紙も衝撃「ビッグサプライズ」 歴史的勝利に大貢献の3人に最高"3つ星"評価 | フットボールゾーン