湘#48 れび@湘南サポBLOG Ver.2

スポーツナビ+(ブログ)サービス終了に伴い、引っ越してきました。湘南ベルマーレを応援していきます。

【J1・第29節_vs広島(H)】『揺り戻しターンオーバー』△1-1

広島のスタメンは、前節から11人全員交代だったそうな。シーズン終盤戦で疲労蓄積はどのチームでも同じこと。湘南戦以降の対戦相手が札幌/FC東京/柏/名古屋の広島としては『ここしかない』と決断したのは、まぁ理解できなくもない。

同時に、湘南側…いや主に俺が侮られたと感じたとしても仕方がないと思ってほしい。なので、前半の湘南ペースの間はウキウキが止まらなかった。急造チームが湘南のホーミングプレスに右往左往していたのは、実に愉快痛快であった。

スタメン

注目のDF3枚は舘/石原/大野。田中はどこいった?ってのはともかく、坂や大岩が漏れるというのは、それだけ広教への信頼が高まったということなのだろう。前への推進力と共に守備が改善されていくなら、それが一番良いのだが。

で。そういや最近金子の姿を観ないな、負傷か? …と思っていたら。

浦和 湘南・金子の獲得濃厚 五輪世代のボール回収能力高いMF― スポニチ Sponichi Annex サッカー

【浦和】東京五輪世代の湘南MF金子大毅獲得へ : スポーツ報知

バカー! やめてー! 勘弁してー!><

総評:☆☆☆☆☆☆

前半☆8、後半☆4ってとこかしら。キックオフから押せ押せでコーナーから空中戦を完全に制して先制点も奪えた。前半のうちに2点3点と追加点を奪って試合の大勢を決めてしまいたかったくらいの圧倒的な前半だった。実にもったいない。

しかし流石広島、流石城福さんというべきか。ハーフタイムでしっかり立て直しされて猛攻に晒された。同点で踏ん張れて、終盤には逆にゴールに迫り返して成長を示せた。スタッツを見比べてもドローという結果には文句は無い。のだが。

…勝ちたかったな。完全ターンオーバーを後悔させてやりたかった。

忘れてた。中盤での柴田抜擢、初スタメン。監督からお褒めの言葉もあったが、実に堂々としたプレーを見せてくれた。前半が湘南ペースで試合にスムーズに入れて、自信が確信に変わったのも大きかったかもしれない。これからも頼むぞ。

[MIXゾーン]“若手の宝庫”ベルマーレに新たな有望株MF現る 広島戦で奮闘したのは |theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!


【湘南ベルマーレ×サンフレッチェ広島|ハイライト】明治安田生命J1リーグ 第29節 | 2020シーズン|Jリーグ

次の試合は

アウェイで清水戦ですよ。清水さん、最近ちょっと上り調子。ホームで連勝のあと、札幌でボコボコにされても、直近の前節アウェイ横浜FC戦で勝ち点3を積み上げてきた。ホームの連勝を伸ばすために、気合いを入れてくるだろう。

この終盤でこの勝ち点差の16位17位直接対決というシチュエーションで、負けるわけにはいかない。何より、通常のリーグ戦だったとしても湘南は残留に値する存在なのだと示すためにも、残り5戦で直上の横浜FC鳥栖を捕らえたい。

やっと右肩上がりになってきた今のチームで、どこまで巻き返せるか。降格が4チームになる来年に向けての、重要な助走でもある。内容と結果を求めたいぞ。

【J1・第28節_vs名古屋(A)】『奪われたマージン』×1-3

柏戦から6戦負け無しの間は、パスを狙い通りにつなげられていた。パスを貰う前の動き出しだったり、位置取りのお約束だったりでオートマチックに連動できていたからこそ、少ないタッチでパスが回せていたんだ。多分。

それはほんのわずかなプレッシャーのかけ方かもしれないし、ポジション取りの研究かもしれない。出す側、貰う側、パスをつなげられるだけの余裕が、この日の湘南からは少々失われていた。特に後半は、ちょっと慌てているようにさえ見えていた。

「通すパス」が「通ってくれと祈るパス」になっては、今まで通りにはいかないよね。

スタメン

DFセンターが坂に。正直これだけでも安心する。3試合無失点で3連勝でも、その中で対応ミスで失点モノのピンチを招いていたからね。そして金子が疲労で休養、代役で未月が入ってセンターラインが入れ替わったことが、どれだけ影響したか。

そしてサブには大野と大岩が帰還。この日の結果に関わらず、この二人がスタメンに戻れるのかは注目。危なっかしくも何とか結果を出してきた選手、結果が出ない間を支えてきた選手、どう融合していくのか。

総評:☆☆☆☆☆

試合内容で☆4、先制されても前半のうちに追いついてみせたことで1個プラス。

相手のチャンスを潰してショートパスからのカウンター、というところで縦パスを受けた中川が相手2人に挟まれて出したパス…が中途半端でマテウスに回収される。ここで即座にアタックに行ければよかったがシュートを打てる間を与えてしまった。

正直ガックリきたが、コーナーから坂が完全復活の打点の高いヘッドでゴールにつなげてみせたことで、後半もやれるやれると思ったものだが…。

後半開始直後に、斜めにゴール前へのパスが通って大ピンチ。広教、そのポジションはGKの邪魔にしかなってないよ。コースをどっちか切るなら外側ちゃうんか。結局外側を通されて谷が届かず2失点目。

3失点目は左サイドで広教から未月へのパスを完全に読まれて掻っ攫われて。そこからのショートカウンターはお見事と褒めるしか無い。未月もダイレクトに展開しようとして空振りしてコケたくらいには警戒していなかった。

ここ数試合は相手のプレスも身体を入れてキープなり展開なりできていたんだけど、その辺の余裕も奪われてしまったな。相手に上回られたのなら仕方がない。切り替えていこう。強かったぜ、ズッ友…b。


【名古屋グランパス×湘南ベルマーレ|ハイライト】明治安田生命J1リーグ 第28節 | 2020シーズン|Jリーグ

次の試合は

水曜日にホームで広島戦ですよ。6戦負け無しで好調を維持して平塚にやってくる広島さん、週末は桜さんとも試合してアウェイの連戦になるのね。

つか、もう週末のホームが1試合しかないの哀しい。ホーム最終戦も水曜だし。変則日程だから仕方ないんだけど、こうも続かれると行きにくいんだよなぁ。

さて、スクランブルな布陣で奇跡的に(?)内容も結果もついてきていた湘南。スタメンのところでも書いたけど、名古屋戦での敗戦のタイミングで怪我人が戻ってきたことで、スタメンをどういじってくるのかが注目。浮嶋さんの判断は如何に。