湘#48 れび@湘南サポBLOG Ver.2

スポーツナビ+(ブログ)サービス終了に伴い、引っ越してきました。湘南ベルマーレを応援していきます。

【J1・第15節_vs広島(A)】『鬼門Wブロック』×0-2

全くもって苦手にしている広島に、城福浩というこれまた全くもって苦手にしている監督が相手。苦戦は免れないとは思ってはいたが、中断明けで可能な限りの準備をしてきた試合で、こうも持ち味を封殺されてしまうとはね…。

スタメン

大野が何とか戦線復帰。U-20組の未月冬一が復帰。金子がスタメン復帰、その煽りで天馬と秋野がサブ落ち。ワイドは右にコバショー左に冬一…かと思いきや、右に冬一を回して左には小野田さん抜擢。コバショーはサブで牙を研ぐ。

最前線のトライアングルは、のだりゅー武富リョーゴ。スタメン見て思わずガッツポーズした。このトライアングルは正直楽しみにしていたもんで。この日は不発だったけれど、3人の奏でるアンサンブルでのゴールが観たい。

試合

序盤は互いにオープンに攻めあう展開なれど、徐々に広島が押し込んでくる。湘南も何度も反撃に出ていくんだけど、途中でパスが相手に引っかかって攻撃がやりきって終われないので、いつまでもペースを掴めない。

コパ・アメリカへの招集で湘南では杉岡氏が不在なら、広島では正ゴールキーパーが不在。雨で芝が滑りやすい状況で試合勘の薄れているサブGKなのだから、本当なら積極的にシュートを狙っていきたいところなのに、序盤以降は攻撃がほぼ空転。

DAZN集計によれば、前半の広島がシュート12本に対して湘南が3本という圧倒的な差がつけられた。それなりに冷や汗はかいたけれど、それでもスタッツほどに内容の印象が悪くなかったのは、広島の枠内シュート数が4本という少なさだったから。

もちろん相手のミスもあるけれど、身体を寄せて十分な体制で撃たせず、シュートコースを切れていたということだ。ある程度広島にボールを持たれるのは覚悟の上だったろうし、ひとまず狙い通りのスコアレスと言ってもいいだろう。

後半攻められても守備で我慢しつつカウンターの蜂の一刺しで…なんて思っていたら、思わぬ形で失点。時間にして後半20分ちょい、ベンチではコバショー天馬の2枚交代を準備している最中での、広島のフリーキック

蹴り込まれたボールの跳ね返りを、PA内で武富が胸トラップ。大きく跳ねてしまったところに走り込んでくる相手、早く触って蹴り出すべく滑り込む武富、しかし相手の方が早かった。投げ出された武富の足が相手に引っかかって倒れ、PK。

回転がかかっていたかトラップが収まらなかった不運。それを見逃さなかった相手の反応の速さ。反応が遅れていたのにPA内で足を出してしまった判断ミス。そもそも簡単に頭でクリアしていれば防げた場面。もったいないでは済まされない失点だった。

守備の固い広島相手に展開としては難しくなってしまったが、湘南も黙って耐えていたわけじゃない。何度か良い形も作っていたし、最終的なシュート本数も広島の19本に対して11本まで巻き返してもいたんだ。

しかしゴールには届かぬまま、試合終了間際に右サイドを山根がアッサリとブッチぎられて抉られて、ダメ押し点を献上して万事休す。秋元が露骨に邪魔されて横っ飛びもできずに失点したのは哀しかったが、それ以前の問題だものなぁ。


DAZNハイライト20190614 サンフレッチェ広島戦

総評:☆☆☆☆

最初にも書いたけども、しっかりとできるだけの準備をしての敗戦なので、ぐうの音も出ない完敗。仮にPKが無かったとしても、最終盤に競ることも出来ずに山根が置いていかれての失点だからね。言い訳のしようもない。

それにしてもパスが通らなかった。城福広島の対策にハメられたという側面もあるだろうが、それを打開していけなければ今後も同じことを繰り返すことになるぞ。ホームの広島戦は1月末、平塚での最終戦。そこまでに上回っていよう。

「負けたけど思った以上にやれていた」を積み重ねてもJ1には定住できないことは、今まで散々学んできたハズだ。今の道を突き詰めて、もう一度上昇気流に乗ろう。

次の試合は

続けてアウェイで、ガンバ大阪戦。大阪ダービーに勝って波に乗るかと思いきや、札幌鹿島磐田と3連続ドロー。湘南が3連敗してる間にジワリジワリと詰め寄られてきてしまっている。気がつけば降格圏まで勝ち点3差だ。

f:id:revys48:20190617101022j:plain

ガンバは湘南山雅で連勝を期すだろうし、湘南は対大阪2連戦。得点も失点もほぼ同じで、勝ち点差も詰まっているだけに、どちらも負けられない。まずは広島戦でトライして通らなかったパスを、1割多く通そう。それだけでも全然違うハズなんだから。

【J1・第14節_vs横浜(H)】『因果応報セキュリティホール』×1-2

抜擢に応えてリーグ戦で結果を出し続けていた若武者2人をU-20ワールドカップに送り出していた状況下で、イエロー累積で替えの効かないレギュラー格が更に2人出停。

しかしこのイエローの枚数のおかげで、17点もの勝ち点をゲットしてきたんだ。この日の敗戦が、それまでの奮闘の結果による不利だとするならば、いつかは通らなければならない難関だったわけで。このタイミングに重なったのは不幸だったけれども。

スタメン

山口コバショー、そして秘密兵器レレウさんが、この苦境にリーグ戦初スタメン。サブには開幕からずっと不在だった金子とデュマスが揃い踏み。のだりゅースタメンは固いかと思っていたが、勝負の後半に温存。

左ワイドの人材難が極まってようやくのレレウさん登場。ここまで人が足らなくならないと出番をもらえない順列なんだなぁと哀しくなりつつも、こういう時に一発カマしてニューヒーロー誕生ってのもアリだ! …と期待していたんだけどなぁ…。

試合

f:id:revys48:20190605215941j:plain

この試合、湘南がエンド変更を選び、マリノスボールからキックオフ。最初から湘南サポの待つ8G目指して攻めることで、流れを一気に持っていきたい思惑か。

立ち上がりからしばらくは湘南も良い攻撃を見せていたけれど、徐々に違和感を覚える。メインスタンドから観て8G方面に攻めるので、目の前にはレレウさんと杉岡氏がいる左サイド。何というか…どうにも"素通し"なのだ。

杉岡氏が上がったらレレウがDFライン近くまで下がるというような、最低限の約束事は出来ている感じだったが、ワイドのポジションで守備に行くタイミングが周りと連動しなくて、独りで前に出ては相手にその裏を突かれるパターン。

ベンチ側なので何かと監督やスタッフが声をかけているが(そのためのエンド変更だったのか!?)、修正できないままアッサリで裏を取られて先制点を許してしまう。それでも前半終了間際に追いつけたのは、ここ最近の逆境での意地を見せられた。

ハーフタイムで何とか修正してくれ、何なら今日はもうレレウさん下げてくれてもいいから…と祈っていたが、レレウさんはそのまま79分までプレー。そして皮肉にも決勝ゴールは、左サイドではなく右サイドを突破されてのモノだった。


DAZNハイライト20190531 横浜F・マリノス戦

総評:☆☆☆☆☆

いや、悪くなかったと思うのよ。ここまでメンバーを落とさざるをえなくて、それでも絶好調マリノス相手に食い下がって行けたしね。ただ、やっぱり前半だけで左サイドを簡単に攻略されすぎた。素人目にも『穴』だったからなぁ…。

ただ、レレウさんと周りのコンビネーションの練度は把握できていた上で、試合に使っているわけだからね。多少はやられるのは承知だったと思うんだよな。せめてもっと攻撃で活かしてあげたかったな。

前回の記事であえて『勝利を!』とは書かなかったのは、勝てたらもちろんよかったけれど、勝ち点1で御の字だと思ってたから。金子の復帰とデュマスのデビュー、次節以降の反抗の息吹を感じられたのは朗報だった。

次の試合は

代表ウィークを挟んで、14日(金)にアウェイで広島戦です。はい、まーた金曜日ですよ。嫌がらせでしょうかね、まったく。ACLの影響でスライドしたのは理解はするけども、どうにも狙い撃ちされてるようでイヤンな感じ。

広島はアレですね、おめでたいことに新スタジアムの計画が本決まりになったそうで。おめでとうございます。駅からは相当近くなる上に、あの登山のようなスロープを登らなくても済むようになるのはありがたいことですw。

その広島、なかなか調子が上がらず6勝2分6敗、湘南とは勝ち点3差の直接対決。中断明けにいきなりシビアな対戦がやってきた。代表組も帰ってくる。怪我人も帰ってくる…といいなw。万全の準備で臨んでほしい。